爪白癬(爪水虫)について|港区港南・品川の皮膚科|白癬菌

皮膚科クリニックいとう

03-3474-5263

〒108-0075
東京都港区港南2-16-7品川Vタワー内1F

TOP医院紹介診療案内診療申込書予約トピックス

爪白癬(爪水虫)について

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

TOP»  トピックス»  爪白癬(爪水虫)について

爪白癬(爪水虫)について

足の水虫はよく見られる皮膚病ですが、爪にも水虫があります。白癬菌が爪の中に入り込み繁殖している状態です。

足の水虫は外用薬で治りますが、爪水虫は爪の内部に菌が存在するために、外用薬では治りません。約3ヶ月から6ヶ月の坑真菌剤の内服が必要です。

爪水虫は爪が混濁したり肥厚したりもろくなったりします。爪自体は痛くも痒くもありません。しかし、放置するとどんどん進行し、爪全体に広がり、足水虫も 難治性となります。又、家庭内感染も起こしますので、治療が必要です。

診断は爪の一部を削って顕微鏡による真菌検査が必要です。患者が爪水虫と思っても違う場合が多々ありますので、必ず検査をして、白癬菌が証明できてから治療を開始します。

治療は坑真菌剤の内服ですが、現在2種類の薬が使用されてます。他の病気の有無、内服期間の長所などによってどの薬を使用するか決まります。

ごく最近爪白癬に有効な外用薬が販売されました。効果は従来の坑真菌剤内服のほうが優れています。しかし肝臓が悪い方、妊娠中・授乳中の方など様々な理由で坑真菌剤の内服が出来ない方には朗報と思います。
PAGETOP